安産の身体

藤枝で仕事を再開してから産後のお母さんたちの身体をみる機会が何度かあり・・・ やはり身体のバランスの良い方、そして弾力性のある方は確認してみるとみなさん安産なんですね~。
では「身体のバランスが良い」とは?
頭からつま先までの筋肉の連動がしっかりできている状態をいいます。
図で表すとこんな感じ。
                 

「アナトミー・トレイン―徒手運動療法のための筋筋膜経線」より

この図は連動し合う筋肉やそれを覆う筋膜のラインを表しているのですが、前面だけでなく背面や側面にも張り巡らされていて、色分けされているラインが滞りなく流れている状態― つまり捻れやコリ、筋力の著しい低下などで途切れることなくライン状に機能しているとバランスが良い状態と言えます。
緑のラインを見てみましょう。足の親指から首の前の筋肉(胸鎖乳突筋)へとつながっていますよね。もし足の親指に問題があった場合、スネの筋肉がガチガチに凝ってしまったり、腿前面の筋力が落ちてしまったり、腹筋に力が入りずらくお腹にぜい肉がつきやすくなったり、首の前側が凝り頭痛がでやすくなったりします。全ての人がこうなるとは言えませんが、お客様の身体をみていると足の親指の動きが悪かったり、外反母趾がある方はこのような傾向にあり、身体の連動が悪くなっているように思います。一か所の滞り、つまり不調が連鎖するとは身体がラインで機能しているということの裏返しなんですね。

そして「身体に弾力性がある」とは(他者が)引っ張ったり圧したりした時に跳ね返ってくる身体をいいます。丈夫なゴムは引っ張るとびよ~んと伸びすぐに跳ね返って戻りますよね。でも古くなってしまったゴムはしなびて元に戻りませんよね。身体の弾力は何で決まるかというと筋肉の量と質です。筋力量があり、柔軟に保てていると身体に弾力が生まれます。逆に筋力がないとしなびて伸びきったままということになります。安産のお母さんたちは特に骨盤の弾力性がいいですね。多少歪みや骨の動きに硬さがあったとしても腰回りが柔らかく「動き」があるのです。

安産のお母さんたちはこの2つが上手に保てていたといえます。
妊娠中でも経過が順調であれば積極的に身体を動かして筋力を落とさず、ストレッチなどで身体の柔らかさを保っていただきたいですね。これが産後の身体にも良い影響を与えます。
ヨガは全身を使ってポーズを作るので筋トレにもなりますし、上の図のラインを整えたりもできるのでおススメです。ただ凝った筋肉を柔らかくすることは難しいので、ストレッチと併用して行うと理想です。

私も藤枝に来てヨガを始めました。
子供と一緒に参加でき、息抜きも身体作りもできちゃうので月に2回ほど通っています。
→ Yoga Space Orange
このヨガがはじまる前の30分にお母さんたちの身体を見させていただいてます。
これを読まれたお母さん、是非オランジェ(オレンジじゃないよ 笑)のヨガに参加してみませんか?
今ヨガに通われているお母さんも
あ、今身体のラインが整えられている!筋力がついている!
と思いながらやってみて下さいね。
身体に意識を向け身体と会話することで、身体の変化がわかるようになります。それが日常の身体の動きを変え、日常そのものを変えたりもします。

身体の変化― 楽しみですね♪

0 comments on “安産の身体Add yours →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です